Living Colour's

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
     
RECENT COMMENT
MOBILE QR CODE
qrcode
CATEGORIES
RECENT TRACKBACK
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
鉄騎兵、跳んだ
高校生の僕
昔使っていた部屋を整理していたら、高校生のころの写真が出てきた。
友人たちとモトクロスをやっていた頃の写真。
あの頃はバイクに夢中で、特にモトクロスが大好きだった。
当時はバイクに対するイメージが悪く、うちの親も僕がバイクに乗りたいと言っても当然のように許してくれなかった。
それでも粘り強く説得し、自分で買うならOKということで新聞配達してお金を貯め、50CCのオフロードバイクを購入。
しばらくは路上を走って喜んでいたが、そのうちレースに出たくなり週末になると錫山にあったモトクロス場に朝早くから出かけた。
コースを走っては転倒しケガもしたけど、楽しくてしょうがなかった。
そのうち50CCのバイクでは物足りなくなり、友人とお金を出し合って中古の80CCモトクロッサー(競技用マシン)を手に入れた。
80CCといっても普通の人では乗りこなせないほどのパワーと 瞬発力がある。
不用意にアクセルを開けると、軽々とウィリー(後輪だけで走る走法)してしまうほど。
競技用のバイクなので公道は走れず、錫山のモトクロス場まで 友人と交代で6時間かけて押していったっけ。
今から考えるとほんとムチャやってた。
モトクロスというのはとても体力のいる競技で、公式なレースは サッカーで90分走り回るよりエネルギーを使うという。
土のコースは凹凸が激しく、マシンは暴れ馬の如く跳ね回る。
それを体でねじ伏せて刻々変わるコースを読みながらライディングしていく。
コースを一周しただけで両腕とヒザはパンパンになり、手首は俗に言う 「あがる」状態になる。
それでもうまくライディング出来た時の爽快感は何物にも変え難いものだった。
ジャンプ!
モトクロスの醍醐味は、やはりジャンプだろう。
初めはジャンプ台の前まで来ると、恐怖でアクセルを緩めてしまう。
でも勇気を振り絞ってジャンプ台に飛び込む。
空を跳んだ瞬間、風と一体になったような錯覚に陥る。
着地は後輪から行わないとケガするので、跳んだらすぐにハンドルを引き、 重心を後ろへ。
着地の瞬間、気を抜いているとマシンのシートに股間を強く打ちつけることになる。
(この痛さは男じゃないと分からないだろうなぁ。)

なんて、当時のことを思い出しながら写真を眺めた。
ほんと、寝ても醒めてもバイクに夢中だったなー。
あの頃のように夢中になるようなことを、今の僕は知らない。
なんにしても何かに夢中になっている人を見ると、とても羨ましく感じてしまう。
最近、街を走っているバイクを知らないうちに目で追っている自分に気がつきました。
あの頃に戻ることは出来ないけれど、また風になってみてもいいかな。

ところで、タイトルの「鉄騎兵、跳んだ」というのは佐々木譲氏のモトクロスを題材にした小説のタイトルで、同名で映画化もされました(日活1980)。
あの石田純一のデビュー作でもあります。
当時のモトクロス界のスター選手が多勢出演していて、当然僕も見に行きましたよ。
当時高校生だった僕は日活の映画館に入るのにとてもドキドキしたのを覚えています。
日活だけのことはあり、やはりHなシーンもあるわけでして・・・。
もうひとつのワールドカップ
先日テレビで「もうひとつのワールドカップ」という番組を見た。
ワールドカップに日本から主審として参加する上川徹の物語。

いよいよ開催されるワールドカップ。
各国から選りすぐりの選手たちが参加する大会、審判もそれ以上に
厳しい選抜の末選ばれる。
今回もドイツで各国から集まった審判たちの選抜が行われた。
その中には日本から上川徹も参加していた。
50メートル走や長距離走を決められたタイムで何本もこなすなど、
とても厳しい選抜法。
実際に試合中に走る距離は選手を大きく上回るという審判。
いくらジャッジがうまくても体力の無いものには務まらない。
上川は足に故障をかかえながらも懸命に耐え走り抜いた。
42歳の彼にはとても過酷な試験だ。
ポケットには子供から貰ったお守りを入れて、足が痛んだ時には
そっとお守りに触ったという。
そして帰国後、家で家族と共に選考結果のメールを待つ。
夕方からずっとパソコンの前で落ち着かない上川。
心配そうに見守る子供と奥さん。
そして夜10時過ぎ、合格のメールが!
ホッと安堵の笑顔を浮かべ、家族と乾杯。
と、まぁこんな感じの番組だった。

番組を見ていて気付いたんだけど、彼の家の居間の壁には子供が描いたのか桜島の絵が・・・。
そう、上川徹は鹿児島出身。
今年42歳になる彼は子供のころからサッカー一筋で学生時代も
選手として大活躍、社会人チームに入ってからも活躍を続けていたが、
足を故障しJリーグが始まる前に選手を引退。
それでもサッカーに対する情熱は冷めず、審判の資格を取り現在の地位まで上りつめた。
ずっと夢を追い続けてきた彼が、僕にはまぶしく見える。

実は中学一年の時、僕は上川徹と同じクラスでした。
当時から体が大きくて色黒のサッカー小僧、性格は男らしくどちらかといえば
ガキ大将タイプ。
僕は運動オンチでなよなよしていた方だったので、彼にはよく睨まれていました(^_^;)
二年になってクラスは分かれましたが、彼は学校でも目だっていた存在でした。
その後高校生になってからの彼はあまり知りませんが、国体やインターハイで
活躍しているという噂は聞いていました。
そして時は流れ、2002年のある日中学の時の同級生から突然の電話。
「上川徹の激励会をやるけど、参加しないか?」
「え、なんかあったの?」
「お前新聞見てないのか!上川がワールドカップの審判に選ばれたんだぞ!」
正直、サッカーにはあまり興味が無かった僕は友人の前で恥を晒したのでした。
あれから4年、今回が最後のワールドカップとなる上川、
(ワールドカップの審判は45歳まで)
悔いの無いようがんばって、出来れば決勝戦で笛を吹く彼の姿を見たい。

テレビの中で家族に見せた彼の笑顔、僕の記憶にあるあの頃の笑顔と変わっていなかったよ。



気ままに撮影〜GW編〜1










続きを読む >>
気ままに撮影〜GW編〜2













続きを読む >>
気ままに撮影〜GW編〜3












続きを読む >>
お散歩写真続き
今日も天気!
海
ここんとこ気持ちの良い天気が続いてます♪

橋
お散歩するのには絶好の日和です。

水遊び
もう夏のような陽気の中、子供たちが水遊びをしていました。

からすも水浴び
からすもちょっと水浴び。

出てますけど・・・
でも、尻出すほど熱くないでしょうに!